必要なケア

アトピーができた部位は乾燥した状態となっており、乾燥が特に強くなるとかゆみも強くなることが多いものです。アトピーの方の中で保湿を中心としたケアを行うことで症状が緩和されることもあります。そのためケアをしていくことで悪化を防ぐことができます。

アトピーに対して必要なケアは保湿を中心としたものです。まずは乾燥をしないこと、また掻いたりして刺激を与えないことが大切になります。刺激を与える行為はやはり掻くことです。かゆみが発生すると掻き毟ってしまい、より一層症状を悪化させてしまいます。悪循環になるので掻き毟らないようにケアを施すことが大切になります。また紫外線も刺激となります。紫外線による刺激は大きく、かゆみが増幅されることもあります。また乾燥を促進してしまうので、紫外線を浴びないように衣類で患部を保護することも大切です。

ケアでは保湿を行っていき、乾燥をしないように常に心がけるようにします。乾燥していないかどうか、常に患部をチェックすることが大切になります。乾燥してきたと感じたら保湿を行い、かゆみが発生しないようにケアをしなければなりません。アトピーは辛い症状を引き起こしますが、それを軽減させるためにケアを毎日行うことが大切です。